スタッフブログ 一覧

未来へ

2019年3月25日

昨日、降っちゃいましたね。雪。

営業部の樋宮です。

 

桜の開花宣言が各地で発表される中、新潟では雪マークが

何かの間違いだと思いきや、まさかの積雪。

新潟は4月頭までは油断できませんね。

 

今日ご紹介するのはそんな雪が降る4日前のこと

気温16℃のぽかぽか陽気の中でのM様邸の配線立ち合いの様子です。

 

いつも配線確認のときに写真を撮らせて頂いているのですが

運動会のお父さんのような気分であります。

(自分が写っている写真がないことも含めてですが。)

 

 

 

カメラ目線ありがとうございます。

初めてお会いした時よりずっとおしゃべりが上手になりましたね!

 

 

 

 

 

ご主人、ここはリビングですが。

この柱の下にはソファーを置きます!

 

 

 

 

 

奥様が凄まじい速さで描いておりました。

私の口からは「すごい!上手いです!」しか出てきませんでした(語彙力)

 

 

 

 

 

そしてこれです!

モリタのお施主様は皆さん絵が上手すぎませんか?

気のせいでしょうか。

 

 

 

 

 

最後に家族揃って記念撮影しました。

 

 

 

 

柱に書いたまだ形と意味を成さない文字も

いつの日かリフォームする日が来て

笑顔がこぼれる思い出話になってくれると嬉しいです。

注文住宅ってそういうところが醍醐味ですよね。

 

 

 

ミライエの隣の柱っていうのが感慨深いのでした。

 

樋宮



区切り線

照明

2019年3月24日

こんにちは。

先日日帰りで伊香保温泉に行ってきました。

射的であひるのシャボン玉を落としたので早く外で遊びたいです。高橋です。

 

寒暖差の激しいこの頃ですが、本日もモリタ装芸はお家のお打合せでにぎわっております。

床や扉や家具など、お打合せではたくさん決めることがありますが、

私はお客様にご提案する照明器具を選んでいるときが一番楽しいです。

 

色や形、大きさ、明るさ、影の落ち方など。

金額もピンからキリまで様々です。

いろいろな照明メーカーのカタログやサイトをめぐって探します。

雑貨店のオンラインショップなどもデザインが豊富にそろっているので、眺めているだけでもとても楽しいです。

 

デザインによってはお部屋の印象が全然変わりますよね。

ペンダントライトなど目線に近い高さまでくるようなものは特に。

ちょっとご紹介↓↓

 

 

 

こちらはダイニング上にぶら下げた、flameのペンダントライト。

LDKが全体的に淡い色味でかわいらしい空間だったので、

ブラックで引き締め、シンプルできれいな形のものにしました。

 

 

 

 

上の写真と同じお家。

ガラスのお星様。フレームの影の出方がとてもおもしろかったです。

凸部分が一箇所扉状になっていて、そこから電球交換できます。おもしろいです。

 

 

 

 

ダイニング上はこのような傘タイプ、よく見ますよね。

でもこのやわらかい曲線のフォルムのもの、なかなか無いんです。

マットな質感で間近で見てもとてもきれいです。

 

 

 

 

こちらもflameの照明。

ダイニングを腕の長いブラケットライトで照らしています。

引きで見た感じがとてもきれいです。

 

 

 

 

こちらもダイニング上でIDEEのブラケットライト。

2本のアームのバランスがとてもきれいでした。

 

 

 

 

 

こちらはこれから着工のお家のトイレに使う予定。

アクメファニチャーのペンダントライト。

素材感が欲しいとのお客様のご要望で、いろいろ探した結果こちらになりました。

影の出方など、楽しみです。早くついて欲しいです。

 

 

よくお昼ごはんを食べながら、リーベンスとあれこれ見ています。

楽しいです。

 

 

早くお花見に行きたい高橋でした。

 

 

 



区切り線

1ヶ月点検

2019年3月23日

こんにちは。

 

3月も終盤というのに、今朝は雪がちらつき、冬へ逆戻り。

明日も雪予報.....

タイヤも変えてしまったのに.....

この寒暖差に歳が追い付かず体調がすぐれない長谷川です。

 

 

弊社では、お引渡し後、1カ月前後くらいにお伺いさせて頂き、

住み心地や、気になるところを確認しています。

 

本日は、2月にお引渡しをしましたK様邸に1カ月点検でお邪魔してきました。

 

「特段気になるところも無く、快適です。」

 

「ここで良かったです。」

 

と最高のお言葉を頂きました。

 

営業冥利に尽きます。

 

新たな場所と建物で新生活が始まり、

今後も色々な新しい思い出をお家とともに刻んで頂ければと思います。

何十年経っても、同じ言葉が頂けるようスッタフ一同頑張ります。

DSC_0145

DSC_0146



区切り線

はじめまして

2019年3月22日

こんにちは!

初めまして!

先週入社したばかりの監理部の小山です。

-
-

まだまだ慣れない事ばかりの日々ですが、
毎日が刺激的で楽しくて仕方がない監理部の小山です。

-
-

そんな今日一日の出来事と言えば、
桜の開花宣言やイチロー選手の引退会見など世間をにぎわすニュースがある中、
明日、地鎮祭のお客様の敷地に地縄張りをしてきました。

-
-

これから工事が始まると思うとワクワクやドキドキが止まらない監理部の小山でした。

-
-
-



区切り線

古民家リノベーション

2019年3月21日

こんにちは。

リノベーション課classicaL(クラシカル)の小倉です。

だんだん、暖かくなってきて春がそこまで来てますね。

最近「待つ」という行為に趣を感じます。

昨今、機械などハイテク化により間違いが許されなかったり、

効率化により時短が当たり前になってきており、

「待つ」行為が無駄と思われる様に感じる世の中になってきています。

花が咲くのを待つ。

本当に咲くのか、いつ咲くのか、そんな思いを馳せる時が

春を感じる瞬間だったりします。

そういった情緒を空間にも感じられるように

classicaL(クラシカル)では思いや情景に寄り添う

リノベーションを大切にしております。

いつも、classicaL(クラシカル)のリノベーションは

新しくしたのにどこか空気感が懐かしいと言われますが、

単純にレトロな仕様にするわけではなく、

懐かしい = 落ち着く

そんな物語のシークエンスが空間になるからだと感じます。

 

さて、この春、十日町で築80年の古民家リノベーションが着工します。

古民家だからレトロと言う観点ではなく、そこに暮らす家族の情景や日々の生活、思いが

落ち着く空間をつくりだし、懐かしいなって思えてもらえるような空間になります。

これからもずっとずっと大切に住み続けて頂けるお手伝いさせて頂きます。

写真は着工前の先週の様子です。



区切り線

撮影会

2019年3月18日



こんにちは!さくらだです。
先日が誕生日で、26歳になりました!
20代もようやく後半に差し掛かりましたので、
さらに人間的にも魅了が増していくように、
毎日楽しんで生きていきたいです!

楽しかったといえば、
先日、住宅営業チームで、
新発田市中曽根町にあります、
ROMOとデジモのお家にいき撮影をして参りました!
(撮影はもちろん、上野ですっ)

いつも、完成後のお家の撮影はしているのですが、
ご家族のご入居前に撮ることがほとんどです。
でも、いいお家に人が入ると、
もっともっとお家の良さが伝わるので、
それを伝えたくて、まずは中曽根モデルにて
撮影をおこなったのです!







どうでしょう??

より一層、生活のイメージができて、
良いお家に見えませんか???

そんな中曽根モデルも、
現在デジモ・ROMOともに販売中です。

平日・週末問わず、ご案内もさせて頂きますので、
是非お気軽にお問合せを頂けたらと思います!


さて、次の撮影会の様子もお楽しみにっ
わたしも楽しみです^^


さくらだ



区切り線

素敵な椅子

2019年3月18日

最近ビビビっときた椅子。

美しいたたずまい。オークとチークの素材の組み合わせやおもしろい構造の形、ゆったり座れる座面、そして特徴的な笠木は長時間座っても疲れにくく肘をかけられるようになっています。

 

機能性と意匠性を両立させた素敵な一脚です。

お部屋に一脚置くだけでがらりと印象が変わります。なにより座りたくなりますね。

お家に合わせてこの椅子を選ぶというよりかは、この椅子に座って生活したいからそれに合う住まいを考える。そんな発想から家づくりの設計をスタートさせたくもなります。

フィンユールのリーディングチェア いつもお世話になっているボーデコールさんにて。

 

設計部 須田

 

 

 



区切り線

初春のお引渡し

2019年3月17日

最近暖かくなってきました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日お引渡しを行いました。

お施主様と出会ってからもう一年以上の月日が流れ

とうとうこの日を迎える事ができました。

 

ここまで来るまでに、多くの挫折と葛藤を経て

弊社の家づくりにずっとずっと共感してもらっていた事

伝えたい想いをずっと理解していてくれた事

最後に弊社を選んで頂いた事

 

 

沢山の想いをのせて

最終的に一緒にお家をつくれて感謝感謝でございます。

 

 

大きな選択からこの日をみんな笑顔で迎えられた事が

本当によかったと思っております。

 

 

お家の想いは人によって違いますが

最終的には「自分達のお家」をつくる事は

共通だと思っております。

そこに大きいも小さいもありません。

 

当たり前に聞こえて

意外と難しい事。

 

 

今回もお施主様らしい

お家が出来ました。

 

じゃじゃ馬な素材をふんだんに使っていますが

これからの成長が楽しみです。

 

例の100年物の続きの継承と

時が造る不具合という愛の優化を

是非楽しんでお過ごしください。

 

 

 

 

 

不具合過ぎたら言ってください。

 

 

 

 

写真部のいしかわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



区切り線

羊工房さまのDM

2019年3月15日

こんにちは!うえのです

 

もう春だー!と思っていたら

みぞれやあられ、、

まだまだ寒いですね

 

数年前に花粉症を認めてから

毎年この春先やられています

年々ひどくなっている気がします

今年は目がやられています、、涙が、、

 

 

本日、業者さまから一つ

表札が出来たということで納品されました

 

いや~、、感動!

自分が思い描いていたものを

実現してくださる業者さんにはいつも頭が下がります。。

さて、どなたのお家のものでしょうか^^

近々取付に参りますので、お楽しみに。

 

そしてそして今回は

いつも陶器の表札の制作をお願いしている

陶芸作家さん 髙橋 竜太さんのご実家の、

羊工房さま のDMを制作しましたのでお見せします!

 

髙橋さんにはたびたび表札の制作を

お願いしていて、お客様皆様 陶器の温かさや仕上がりの

美しさに喜んでくださり、私も大変嬉しいです!

いつも信頼して制作をお願いしております!

 

そんな中で 髙橋さんより 私にお仕事の依頼がきました

「実家の工房なのですが、、」

お話をお聞きするとご実家にいらっしゃるお父様も

陶芸作家さんなんだとか!

ご家族皆様、芸術の道を歩まれているようです^^

「羊工房」というお名前。

☞ 「 羊工房さまHP 」🐑

 

なぜ羊なのかというと お父様がひつじ年という

なんともシンプルなもの。良いです。

 

できあがったものがこちら。

 

正方形の名刺より少し大きいようなサイズ感。

手に取りやすく、持ちやすい形にしました。

羊、かなり悩みましたが頑張って描きました!

制作はとても楽しい時間でした^^

 

いつもお客様からの提案や、ご意見、ご要望で

新しいことにチャレンジ出来ていることがとても嬉しいです

ありがとうございます

 

色々なご要望にお応えできるよう

これからも楽しく頑張ってまいります!

 

村上にお越しの際は、ぜひ羊工房さまへ!

 

うえのでした

 



区切り線

埋蔵

2019年3月15日

こんにちは。

 

仙台店監理の鈴木です。

 

すっかり春の天気ですね!

平成も終わってしまいますね。

平成生まれの私にとっては複雑な気持ちになっております。

 

 

さて、先日H様邸の埋蔵文化財の立会いを行いました。

 

 

埋蔵文化財の地域では、地面の中に昔の遺跡などがあるかもしれないので、

試掘が必要になる場合があります。

 

 

遺跡などが出てきますと工事の着工が大幅に遅れてしまうため、ドキドキしながら

見守っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、無事何事もなく工事開始となりました!

 

 

土地によってはこのようなこともありますので、一度ご相談下さい!

 



区切り線





  • 0120918077
  • 0120779760