スタッフブログ 一覧

【長岡・三条】12/14(土)・12/15(日) 3邸同時見学会開催

2019年12月10日

みなさま こんにちは。
朝夕と冷え込みが強く、ダウン必須になってきましたね。

さて、件につきまして、告知させていただきたいと思います。
何度かご紹介している、長岡希望が丘モデルハウスですが、定額制注文住宅ROMO(35坪タイプ)をベースとし、造作家具をふんだんに取り入れすっきりとコーディネートしたお家となっています。

そして、今週末、長岡市宮内にて開催、完成見学会の対象物件も、モデルハウスと同じ、定額制注文住宅ROMO(35坪タイプ)です。

定額制注文住宅ROMOは、建物の外形はタイプごとに決まっていますが、中の間取りは自由設計の注文住宅です。

「中の間取りは自由設計」→それぞれ、どのように自由設計にしたのか?を、2邸のROMOで見比べることができます。

長岡市宮内(完成見学会)⇔長岡市希望が丘(モデルハウス)と近いですし、モデルハウスではお子様向けのイベントも開催しておりますので、ぜひこの機会に2邸を見比べてみてください。

それと、3邸目の完成見学会の場所は、三条市塚野目です。

こちらは、デジモ?の領域設計。より快適な「暮らし方」を重視した次世代型注文住宅で、平屋のお家となっています。こちらのお家は翌週末(12/21・12/22)もご覧になることができます。

場所は、長岡⇔三条と少し離れておりますが、デジモ?の実例を3邸同時にご覧になれる機会の今週末。お家づくりの参考に、ぜひ各会場にお越しください。

みなさまのご来場を、心よりお待ちしております。

はやかわ



区切り線

今週末は!

2019年12月9日


こんにちは、営業部のさくらだです。

昨日、インテリアコーディネーターの二次試検を終え、
気持ち的にかなり解放されました。
解放されたあとのビールは格別でした!
結果が気になるところですが、、、

年末に向けて、またドタバタとしていきますが、
体調にも気を付けて、
これから控えているイベントを
楽しみに頑張っていきます!

さて、イベントといえば、
今週末は、2019年最後の完成見学会まつりを控えています!

なんと!4棟同時にご見学できる最後のチャンスです!

マンションリノベ・ROMO・デジモ
全て実際にご体感できるんです!

凄い週末になりそうな予感です。

2019年最後、デジモのお家見納めましょう。
詳細は追ってお伝えします!



さくらだ



区切り線

お披露目会・完成見学会

2019年12月7日

こんにちは!

 

新潟にも初雪が降りました。

 

皆さん、タイヤは替えましたか?

 

長岡店の瀧澤君は、雪にはしゃいでたみたいです。かわいいですね。

 

 

 

あべです。

 

 

 

今日は、12/7(土)、8(日)の西区五十嵐3の町南での完成見学会と、

 

お披露目会についてすこしご紹介させていただきます。

 

 

見学会開始の1時間前に施主様と現地集合しまして

 

 

見学会の前にお披露目会を開催しました

 

 

 

 

今回営業として担当させていただき、

 

打ち合わせでは、施主様が作成してくださったプランを、

 

ここをこうしてなど話し合いを重ねてのおうちづくりとなりました。

 

 

 

現場での立会いを重ねて、どんどん完成にちかづいていく様子を

 

楽しみに眺めていらっしゃいました。

 

 

今朝のお披露目会でも、実際に家具を飾り付けてあったため、

 

より生活を感じられたと思います。

 

 

ダイニングテーブル上の照明の高さや、ソファの位置、ベッドはこう配置しよう、

 

などなど、今までの立会いのときよりも楽しそうに話されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お引渡しの日には、施主様の大事にされてきたお酒を

 

携わったスタッフもいっしょに乾杯しましょうという提案をしていただき、

 

 

 

お酒の味はあまりわからないかもしれませんが、

 

いろいろな気持ちの詰まったお酒の味は格別だろうなといまから楽しみです。

 

 

明日もう一日、完成見学会開催いたします。

 

 

なかなか見学会のできないPEPE(ぺぺ)のおうちとなります。

 

 

 

 

 

 

この機会にぜひお越しください。

お待ちしております。

 

 

あべ

 

 



区切り線

冬の見学会。

2019年12月6日

昨日雪が降りました。冬です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

寒い季節になりましたが、それでも見学会を行います。

12/14(土)、15(日)と12/21(土)、12/22(日)の二週連続で行わさせて頂きます。

場所は三条市塚野目5丁目になります。道が少々入り組んでいるので

ご来場の皆様にご迷惑お掛けしますが、宜しくお願い致します。

 

こちらのお家は21坪の平屋になります。

当初とは大きさは変わりましたが

お施主様の「暮らし方」を話し合った結果です。

 

暮らし方には沢山の選択肢があります。

多くの選択肢の中でに、まだ出会った事がない暮らし方も

きっとあると思います。

 

そんな想いを話合いながら、みんなでつくったお家です。

素敵な土地に小さなお家。そこには大きさとは関係ない

家族の幸せがあると確信しています。

 

四季折々の感覚がお家の中で感じられるように。

はかない一日一日の幸せが毎日続くように。

 

 

来週外構工事が終盤になるので

天気が味方してくれることを願っております。。

 

 

写真部のいしかわ

 

 

 

 

 

 

 

 



区切り線

4か月ぶりの「△」

2019年12月6日

こんにちは、意匠部のくろだです。

 

瀧澤さんの投稿が最後でスタッフブログ止まってしまいましたね…

いつもモリタ装芸のブログを楽しみにしてくださっている皆様、申し訳ございません。

 

今日からしっかり更新していきます。

 

さて、もう12月です。

 

朝出勤するとき、風冷たすぎてびっくりしました!!!

風邪やインフル、対策していきましょう!

 

明日から2日間、西区五十嵐3の町南で、pepeの新築完成見学会を開催致します!

pepeですよ!さんかく屋根のお家ですよ!

pepeの見学会は8月に開催して以来、4ヵ月ぶりです。

 

 

このお家は、1.5mもの高台にあるお家です。

高台にあるお家だから、

・1階でも光を採り入れられる!

・道路と視線が合わないので、人通りを気にしなくてよい!

高台っていいですねー、高台憧れます。

 

明日お越しいただく皆様は

青い外壁と、pepeの特徴であるシンプルなさんかく屋根を目印にお越しください!

 

 

皆様のご来場心よりお待ちしております!

 

くろだりなこ

 



区切り線

住宅ローンって何を選べばいいの?

2019年11月30日

 

みなさんこんにちは!

長岡店住宅営業のたきざわです。

 

いつも遊んでばかりなブログを書いていたので

今日は逆にまじめな内容にしようと思います!

めっちゃつまらないです!

でもほんとに真面目なこと書いてありますので

お昼の牛丼の片手間くらいにご覧いただければと思います(笑)

 

テーマはズバリ・・・「住宅ローンって何を選べばいいの?」です!

 

個人の意見は参考にならないと思いますので

なるべくデータを使って考察していきます。

住宅金融支援機構の調査内容をもとに考えていきましょう!

 

全国の住宅ローン利用者(利用予定者)の方「1500人」に聞きました!

という調査内容です。

「みんなどうしてるの?」という目線から考えていきます!

 

1.みんなどうして住宅が欲しいと考えたか?

 

 

 

「子育て」が理由として一番多いですね。

よく見ると住宅ローンの利用者は30歳代の方が多いこともわかります。

 

余談:なぜ30歳代の方が多いのか?

厚生労働省の発表で2018年の第1子を産んだ時の母親の平均年齢は30.7歳とあります。

住宅ローン利用者が30歳代が多い理由は「子育て世代」の割合に関係しているのですね。

 

で・・・も・・・

 

個人的には「老後の安心の為」という理由が子育てに次いで多いことが気になります。

「老後2000万円問題」というニュースがありました。

 

(出所)総務省「家計調査」(2017年)

 

夫65歳、妻60歳の時点で夫婦ともに無職になると

30年で社会保障の他に2000万円ほしいです・・・という内容です。

 

このグラフで私たちが注目しなければならないのは

「住居費用5.8%」の部分です。

これって、現役で住宅ローンを払い終わっている方の試算なんですね。

住居が賃貸であった場合はさらに貯蓄が必要ということです。

 

子育て以外に、将来を見据えて住居を考える重要性を語ってるなと私は思います。

 

私が「早い方がいいですよ・・・(ニコニコ)」というと

営業されてると思われるかもしれませんが

本心ですよ!(笑)

 

2.みんなどのくらいの返済負担になっているのか?

返済負担率で表されていました。

 

返済負担率とは?

一年間の総収入に対して借入返済にどれだけ負担があるかを表しています。

住宅ローン利用者の返済負担率は15~20%が割合を占めています。

正直イメージできないですよね。

月々いくら借りてるのか?の方が参考になると思いますので計算してみます。

 

 

住宅ローン利用者の世帯年収で割合を多く占めている600万円の方で

先ほどの返済負担率15~20%(間を取って17.5%)を使うと

1年に105万円、月々に8.75万円の返済が多いということになりました。

 

アパートから新築を考える方は家賃でイメージしやすいですが

実家暮らしの方や家賃補助がある会社の方は

上の数字が平均と思って参考にしてください。

 

 

3.みんなどの金利タイプを選んでるの?(変動・固定・期間選択)

 

家買うぞ!と意気込まれた方が

まず悩むのが

住宅ローンの「金利タイプ」です。

 

↑の円グラフを見ると

変動金利が一番多く選ばれています。

意外に固定金利が選ばれていません。

 

なぜこの結果なのか・・・が肝心ですが

残念ながらアンケートを取っていないようです。

住宅ローンの理解度のアンケートをもとに考察していきます。

 

 

グラフを見ると

理解しているか少し不安という方が多いです。

 

お客様から他社さんでどんな打合せをしているのかお聞きすると

「プラン描いてもらってます。」という方が多いです。

銀行さんのお話とかはありましたか?と聞くと

「まだです。」という方が多いです。

 

意外に資金計画を疎かにプラン作りに入る営業さんが多いようです。

同じ営業としてお金の話はしたくないなーと内心思う気持ちはわかります(笑)

 

お客様も何となく難しいお金の話より

プランと見積もりを早く見たい!という気持ちですよね。

 

そんなに理解されていないという前提で金利タイプを選んだ理由を考えると

・営業にすすめられたから

・月々返済を安くしたいから

・安心して返済計画を立てたいから

が代表的なんじゃないかなーと思います。

 

4.それぞれの金利タイプの解説

変動型:生活実態により金利が「変動」するタイプ

※月々を安くしたい方におすすめ

➡変動金利は「短期プライムレート」を目安に各金融機関が決めます。

➡「短期プライムレート」は日銀が決める「政策金利」の影響を受けます。

➡「政策金利」は概ね景気に比例します。

余談:

今は短期プライムレートが最高値で1.725%で、銀行の店頭金利は+1%した2.725%です。

ここから優遇金利で-2%され0.725%という銀行さんが多いです。

ちなみに・・・

政策金利は、日銀が民間銀行に貸し出す際の金利のことで

民間銀行は住宅ローン金利と政策金利の差額で利益をだします。

ネット銀行のようにあまりにも金利が低いところでは

今は変動がないですが、今後どうなるんだろう・・・って思っちゃいます💦

 

一方で地方銀行は地域の法人への貸付も行っている以上

無作為に金利を変動させられませんので良く信用できます。(個人の意見ですが)

 

短期プライムレートはこちら

↑変動なのに変動していないのが見てわかります

政策金利はこちら

↑基準貸付率が0.3%となっています。(ちなみに預金の方が-0.1%となっています。日銀にお金を預けると、預けた側が利子を払うという変な状態です。)

 

固定型:融資実行から金利が「固定」するタイプ

※自己資金が1割以上の方におすすめ

➡固定金利は「(10年物)国債利回り」を基準にしています。

➡「(10年物)国債」は財務省がインフレ・デフレを「予想」して発行されます。

➡インフレ期待が高まれば長期金利は高まる傾向にあります。

余談:

固定型は自己資金のある方に対する優遇が強いです。

貯金してから建築を始めたい方におすすめです。

 

期間選択型:当初●●年固定→以降も金利タイプを選択していくタイプ

※教育費の掛かる間は10年固定で、あとで繰り上げ返済しますという方におすすめ

➡期間選択金利は「スワップレート」を基準にしています。

➡「スワップレート」は今後どのように長期金利が変化するかを「予想」するものです。

➡期間選択金利と固定金利は「予想」という面で動きに相関関係があります。

余談:

ちなみに期間選択型の場合みんなどの期間を選んでいるのかというとこんな感じです。

 

 

10年固定が多いです。

理由は先に述べた「教育費の掛かるはじめのころは・・・」というニーズと

「住宅ローン減税が当初10年+3年延長」という優遇が合致しているからだと思います。

※住宅ローン減税の解説はこちら

 

5.住宅の取得に不安がある方へ

住宅を購入できる方には「早く」購入してほしいと言えるのですが

わかっちゃいるけど不安に感じる方が多いと思います。

みんなが住宅取得に踏み切れないのはなぜか?

 

 

「自己資金・頭金が不十分」という方に次いで「将来の収入や生活に不安があるから」が多いです。

 

まず「自己資金・頭金が不十分」と思われている方

自己資金があると良い場合は以下の2つです。

・土地購入の手付金(おおよそ土地価格の10%ですが要相談で抑えられます。)

・一部の会社で設計契約として10万円

家具家電のようなインテリア資金も住宅ローンに含むことができます。

もし家具家電分の100万円やそれ以上を貯めてからと考えられているのでしたら

貯金のスピードと家賃による消費のスピードを比べてみてください。

 

「将来の収入や生活に不安があるから」という方

もし今、家を買わなかった場合を想像してみてください。

時間はお金以上の資産です。

定年から今のご年齢を引いて考えると、返済期間が短く月々の負担は大きくなっていきます。

 

逆に・・・

 

もし今、家を買った場合を想像してみてください。

暮らしはどう変わるでしょうか。

自分たちで真剣にこだわったお家により長く住めます。

 

色んなデータを使って住宅ローンについて解説しましたが

どうせ買うなら毎月の返済がいやだなーと思う家より

住んでて楽しくて返済も苦じゃない家がいいですよね

 

あなたのお家がどうしたら住んでて楽しくて返済が苦じゃない家になるのかは

どこにも答えが書いてありません。

 

私たちはその答えを見つける味方になれますが

どんな家づくりにするかは、あなた次第です。

 

 

 

たきざわ



区切り線

3階建てのお家

2019年11月28日

 

先週末行われましたW様邸見学会

たくさんのご来場ありがとうございました。

 

新潟市中心地の狭小地での計画。

敷地の課題を個性としてとらえて、

限られた面積の中で、面積以上のひろがりを感じられる工夫を盛り込んだお家です。

 

その工夫のひとつ、

1階から3階までまっすぐにのびる階段は、ご計画当初からW様のご要望のひとつでした。

 

見学会の朝に初お披露目をさせていただき、

そのときにお子さんが何度も何度も階段を上り下りして

1~2~3階を縦横無尽に動く姿が印象的でした笑。

 

 

多趣味なご家族で、打合せ中はたくさん楽しいお話を聞かせていただきました。

お家に直接関係のないことでもなんでもお話して、

W様の人柄や言葉で表せない雰囲気を共有しながら一緒に計画させていただいたことで

特別な思いがこのお家のはしばしに乗っかって、

そこも面積以上の広がりやW様の温かみを感じるように思います。

これから新しい生活がはじまり、W様によってどのような色がこのお家に加わるのか楽しみです。

 

 

設計部 須田

 



区切り線

建売販売会開催

2019年11月25日

 

 

つい先日まで暑い暑いと言っていたのに

 

あっという間に秋も終わり

暦では冬に突入してしまいました。

 

過ごしやすい秋が終わってしまい寂しい気持ちです。

新潟の秋は本当に短いですね。

 

季節の中で一番秋が好きな私としては

もう少しだけ

 

深まる秋の夜長を楽しみたかったです。

 

しまだです。

 

 

 

今日はイベントのお知らせをさせていただきます!

 

今週末、11月30日・12月1日の

10:00~17:00に

建売販売会が開催されますが

 

今回は中央区と西区にて2棟同時となっております!

 

 

 

 

中央区美の里のお家は

ROMO30坪typeです。

 

 

シンプルなお家となっているので

 

住まわれるご家族の暮らし方だったり

お気に入りの家具を置いてみたりと

 

どんどんご家族の色に染まっていくと思うと

わくわくします。

 

 

暮らしにそっと寄り添うあなたサイズのちょうどいいお家。

素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

西区寺尾西のお家は

築24年、某メーカー施工のお家がリノベーションによって新たに生まれ変わりました。

 

昔からそこにあるものを活かしこれからも一緒に暮らしていく

リノベーションという暮らしの選択も一つです。

 

本会場でリノベーションを知るきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

2棟ともご予約不要でご見学可能です。

 

 

 

事前に予約してご来場された方にはQUOカード1000円分をプレゼント致します!

 

 

※モリタ装芸の見学会にご来場の方限定で家族1枚となります。

※ご来場の際、簡単なアンケート記入のご協力をお願いしております。

※この企画は予告なく終了することがございますのでご了承ください。

 

見学会場にてお待ちしております!

 

 

 

しまだ

 



区切り線

モリタ装芸 年末懇親会

2019年11月24日

寒い日が続いていますね

 

冬に向かって着々と季節が変わっているような気がします

 

 

先日車をスタッドレスタイヤに変えました

 

こんにちは、設計部の林です

 

 

さて、本日は先日行われた『モリタ装芸 年末懇親会』の様子をご紹介したいと思います。

 

日々、モリタ装芸の家づくりに協力してくださっている企業の皆様を

 

 

今年もありがとうございました

来年もよろしくお願いいたします

 

 

という感謝の気持ちでおもてなしする会です

 

当日は、皆さんに楽しんでもらおうと

 

カラオケ大会や大抽選会などたくさんのイベントを行いました!

 

感謝の気持ちが伝わっていれば良いなぁ・・・と思いながら

当日は司会を務めました

 

 

モリタ装芸社員含め約130人の大パーティで

大盛り上がりで楽しい会になったように思います

 

 

お家を建てるには、たくさんの人の協力が必要です

協力企業の皆さまの力なくしては成り立ちません

 

 

本当に感謝しております

 

 

いつもありがとうございます

 

設計部 はやし



区切り線

白いお家のお引渡し

2019年11月23日

長岡店のひみやです。

 

すっかり気温も下がり冬の足音が聞こえてきましたね。

私事ですが来週で32歳になります。

この仕事を始めた時は20代の前半、年上の方との打合せばかりでしたが

最近は同い年や歳の近い方のお家造りのお手伝いをさせて頂くことが増えました。

 

今日、お引渡しだったH様もご主人と私と設計の須田と3人同い年で

とても思い入れのあるお家となりました。

 

 

「広く、明るいお家に住みたい」簡単そうに聞こえるこんな要望でも

南が塞がれた住宅地では一筋縄ではいかない要望でした。

 

最初はROMOで検討されていたH様でしたが、完全自由設計のデジモ?で提案させて下さいと

私からお願いさせて頂き、須田と桝岡が素敵なお家をカタチにしてくれました。

 

何よりもH様が打合せを前向きに、真剣に、楽しんでくれたからこそ良いお家ができたのだなと思います。

 

また点検の時に、お邪魔させて頂くのを楽しみにしています。

これからもよろしくお願いします。

 



区切り線





  • 0120918077
  • 0120779760