佐藤 博之 一覧

ちょっと前の話し

2018年9月18日

こんばんわ。夏もいよいよ過ぎ去るかのような感じですが

まぁ、そんなときですが

まだ夏の暑さの残っている時の話しです

ちょっと前に建築物には欠かせない、構造などのでお世話になっている業者様の所に

ご挨拶がてら行ってきました。

元々、製材から始まった業者様なので、広大な場所の暑い中で咽返る様な程に沢山の木の香りがして、

私この匂いや感じが大好きでとても癒される気分でした。

プレカット工場もあるので加工の様子も見てきました。

しかし想像以上に色んな材質のものや種類があって、見たことのないものがあったりとかで

高まりましたね。

構造は隠れて見えなくなる部材ですが、本当に何よりも大事な部材ですのでそれがここから出荷されて

お客様の各住宅へ届けられて、組み立てられ、大工さん、外壁屋さん、左官屋さん、内装屋さん、

電気屋さん、水道屋さん、ガス屋さん他諸々・・の業者が施工し、完成したものにお客様が住まわれて

笑ってる姿を想像すると、また楽しくなってきて身の引き締まる思いをした、まだ暑い日の出来事でした。

実は監理部から積算課になりました。佐藤です。



区切り線

上棟ラッシュ

2018年8月18日

こんばんわ、監理の佐藤です。

お盆明け直ぐですが、本日は上棟の現場が多く3件上棟の現場がありました。

まぁ私は現場行く事が出来なかったんですが・・

話しを聞くと3棟共、無事に上棟されたようでした。

本当に天気に恵まれ、おめでとうございます。

携わった職人さんも暑い中、お疲れさまでした。ありがとうございます。

 

でも私

昨日は現場に行ってきたんです。

行ってきた現場は3棟の内で、当社で天野モデルに続いての高気密・高断熱のあの

スーパーウォール工法

を採用されている現場です。

建物が出来上がってしまうとあまり見ることが無くなってくる、床下になる部分の施工を確認に行きました。

普段の当社の工法は床下を換気するような基礎パッキン工法が多いのですが

 

 

今回は逆に床下は通気せず、断熱材で覆ってしまい、気密性を高めた基礎断熱工法になっています。

当然、使っている部材も違いますし、とても大事な部分なので確認してきました。

まだ床下の断熱材はこれからですが、大工さんも手慣れたようでスムーズにそして確実に進んでいました。

気密性が高いと熱持ちが良いんですよね✨

完成して新たなモリタの住宅の良さを体感して頂ける事が楽しみです。

 

 

上棟の記事は後日に・・他力本願な期待をして、私は床下の話しでした。

 

 



区切り線

『鎮 物』とは

2018年7月13日

監理の佐藤です。

今日は蒸し暑い中、現場にて基礎のコンクリートを流す前に『鎮物』を埋設してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既に建築中や完成している方はご存知でしょうが。

これが『鎮物』です。

『鎮物』とは?

地鎮祭のとき

土地の神をしずめるために地中に埋めるもの。

工事の無事を祈って地中に埋めるもの。

との事です。

神社、お寺でも形や大きさは違いますが私がよく見るのはコレです。

中身は・・

私は正直、見たことありません。

ちょっと調べました

これも神社などで違うのですが

人形(ひとがた)・鏡・剣・矛などだそうです。

確かに・・硬かった・・・・

では向きは?場所は?

これも色々な説がありますが、基本北向きで建物の中心となる所に埋設します。

大事なところだと思います。

皆さんの家にもきちんと埋まっていると思います。

では地鎮祭とは何をする?どういう内容なのか?土地の神とは?も気になりましたが

また次回にします。

なんのオチもない話ですが、少し中身が気になったんです。

佐藤

 



区切り線

上棟

2018年6月12日

こんばんは。

只今、建築中の真砂建売の2棟目の平屋の方が本日、上棟いたしました。

先月末に上棟したROMO建売と並んでますが、敷地の高低差があるので二棟並ぶと爽快感✨

ご立派です。

いつもの仕様より更に高気密、高断熱を尽くした最高の建物になります。

すごく目立つ場所なので通り掛かりでもかなり目を引く建物にです。

まだまだこれからなので足場で隠してありますので、全貌までは暫しお待ちを・・

って事で期待してください。

監理部 佐藤



区切り線





  • 0120918077
  • 0120779760