佐藤 博之 一覧

現場検査

2019年4月16日

どうもお世話になっております。

 

今日は暖かかったので、現場の基礎の上端の検査に行ってきました。

まぁ正直、天気は関係ないんですが・・・

 

基礎の上端の水平、平滑ってものすごく大事な話しで、これが平らじゃないと

土台が水平にならない→床が水平にならない→柱が垂直に建たない→壁が垂直にならない→建具もきちんと閉まらなかったり

もう大変なことです。

あとで直そうにも直せない所なのです。

 

 

ひと昔前は、熟練した左官さんが、モルタルをのせて平滑にしていたのですが、

 

こんな感じですね。

 

熟練した職人さんが少なくなったりとかで、もう中々見かけることはなくなりました。。

 

 

今は『セルフレベリング』って工法で行われています。

で、

『セルフレベリング』とは

 

「石膏 又はセメント系の自然流動材で、不陸のあるコンクリート床面やべた基礎・布基礎の立ち上がり部の上端に5~20㎜程度流して、平たん、平滑な面をコテ押えなしで仕上げる工法。」

 

と書いてありました。

 

すごく流動性のある材料なので、流し込むだけで綺麗に馴染んで水平になるんですね。

モルタルよりも材料は高いですが、効率が良く、熟練の技術をさほど要さないので、今はほぼこの工法ですね。

 

 

水平精度の規定は各社によってバラバラだと思いますが、だいたい私の知る範囲、聞いた範囲『±3㎜』って聞きますね。

当社は『±1㎜』の範囲で検査しています。

 

業者さんからは

「モリタさん、厳しいねぇ~」

って言われたりもしますが、当たり前です!

大事な事なんですから、厳しいです!!

 

お家を建てる方は星の数ほどある、住宅屋さんの中から、モリタ装芸を信頼して選んでいただいたんです。

預かっている、我々も厳しくやっていかないと失礼だと思っています。

 

本日検査してきましたら、ちゃんと規定内の精度でした。

これで安心して次の作業に移れます。

 

監理課 佐藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※セルフべリングも決して、技術が要らない訳ではございません。流し込みのやり方だけでも、精度はだいぶ違います。あくまでも『比較的』という話です。あしからず。

 

 

 



区切り線

本日はお勉強

2019年2月22日

今日は監理部で『フルハーネス型安全帯』の特別教育を受けに行ってきました。

 

厚労省より、

『6m75cmを超える高さで作業する場合は原則、「フルハーネス型」の製品の使用を義務付ける。』

厚労省は2018年3月2日に、労働安全衛生法(安衛法)の施行令と規則などを改正するための政省令と告示の改正案を公表。一般からの意見を募ったうえで、同年4月に改正令などを公布し、19年2月から施行する。

 

との通達があり、安全に留意していかなければ!と思い、丸一日全員で行きましたが、実は6m75cmを超える高さって、ほんの少ししかないんです。。。。

で、フルハーネスとは・・

従来の高所作業のスタイルはこうでした。

 

腰からのベルトで命綱を使っていたのですが、

 

どうしても腰ベルト一本で指示していたので、落下の際に内蔵を損傷するケースがあるとの事でした。

 

 

 

そこで

 

フルハーネスとは

肩や腰、ももなど身体の複数箇所をベルトで支持するタイプです。

スカイダイビングのあの感じです。

 

 

我々は、お客様の今後がこれからずっと住み続ける、大事なお住まいを建築しているので、何か事故なんてあってはいけないですし、同じくとても大切な職人さんの身に何かあってもいけないので、しっかり学んできました。

一日のほとんどは安全教育の座学です。

 

 

最後に少し実際の使い方を実地講習という形で行ってきました。

まぁ、こんな感じです。

 


 

実際に高所作業ではないのですが、本当に使い方、着用の仕方を練習してきました。

まだ、直ぐに現場に導入って訳ではないですが、徐々に変えて守っていかなくては!というつもりです。

 

 

 

しかし、講師の先生も

 

「まさか、そこが変わるとは思ってもいなかった。」

と、言っていましたが、

「これも時代の流れだな・・・」

とポツリ。。。。

 

 

 

その言葉は講師の先生からは、聞きたくなかったな。。。と

 

最後に思った安全教育でした。

 

 

監理部 佐藤 博之

---

モリタ装芸 LINE@アカウントから
見学会・イベント・様々な情報をお届けしています!
ぜひお友だち追加してください!☟

友だち追加

 



区切り線

今日は天気が良く

2018年12月21日

どうもこんばんは

今日は毎月恒例の現場清掃の日でした

社員全員参加でグループで各現場に清掃に毎月行ってます。

近隣にご迷惑かけてないかとか?

建て主様が来られても安心してみて頂けるか?

職人さんが気持ちよく仕事できる環境なのか?

各自役割を持ってチェックしながら進めています。

こういう時の団結は超得意なんです!我が社は✨

道路も

 

トイレも

ほんとに天気が良くて良かったです!

皆に足を運んで欲しいモリタ装芸です。

監理部 佐藤(博)でした。

 



区切り線

ちょっと前の話し

2018年9月18日

こんばんわ。夏もいよいよ過ぎ去るかのような感じですが

まぁ、そんなときですが

まだ夏の暑さの残っている時の話しです

ちょっと前に建築物には欠かせない、構造などのでお世話になっている業者様の所に

ご挨拶がてら行ってきました。

元々、製材から始まった業者様なので、広大な場所の暑い中で咽返る様な程に沢山の木の香りがして、

私この匂いや感じが大好きでとても癒される気分でした。

プレカット工場もあるので加工の様子も見てきました。

しかし想像以上に色んな材質のものや種類があって、見たことのないものがあったりとかで

高まりましたね。

構造は隠れて見えなくなる部材ですが、本当に何よりも大事な部材ですのでそれがここから出荷されて

お客様の各住宅へ届けられて、組み立てられ、大工さん、外壁屋さん、左官屋さん、内装屋さん、

電気屋さん、水道屋さん、ガス屋さん他諸々・・の業者が施工し、完成したものにお客様が住まわれて

笑ってる姿を想像すると、また楽しくなってきて身の引き締まる思いをした、まだ暑い日の出来事でした。

実は監理部から積算課になりました。佐藤です。



区切り線

上棟ラッシュ

2018年8月18日

こんばんわ、監理の佐藤です。

お盆明け直ぐですが、本日は上棟の現場が多く3件上棟の現場がありました。

まぁ私は現場行く事が出来なかったんですが・・

話しを聞くと3棟共、無事に上棟されたようでした。

本当に天気に恵まれ、おめでとうございます。

携わった職人さんも暑い中、お疲れさまでした。ありがとうございます。

 

でも私

昨日は現場に行ってきたんです。

行ってきた現場は3棟の内で、当社で天野モデルに続いての高気密・高断熱のあの

スーパーウォール工法

を採用されている現場です。

建物が出来上がってしまうとあまり見ることが無くなってくる、床下になる部分の施工を確認に行きました。

普段の当社の工法は床下を換気するような基礎パッキン工法が多いのですが

 

 

今回は逆に床下は通気せず、断熱材で覆ってしまい、気密性を高めた基礎断熱工法になっています。

当然、使っている部材も違いますし、とても大事な部分なので確認してきました。

まだ床下の断熱材はこれからですが、大工さんも手慣れたようでスムーズにそして確実に進んでいました。

気密性が高いと熱持ちが良いんですよね✨

完成して新たなモリタの住宅の良さを体感して頂ける事が楽しみです。

 

 

上棟の記事は後日に・・他力本願な期待をして、私は床下の話しでした。

 

 



区切り線

『鎮 物』とは

2018年7月13日

監理の佐藤です。

今日は蒸し暑い中、現場にて基礎のコンクリートを流す前に『鎮物』を埋設してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既に建築中や完成している方はご存知でしょうが。

これが『鎮物』です。

『鎮物』とは?

地鎮祭のとき

土地の神をしずめるために地中に埋めるもの。

工事の無事を祈って地中に埋めるもの。

との事です。

神社、お寺でも形や大きさは違いますが私がよく見るのはコレです。

中身は・・

私は正直、見たことありません。

ちょっと調べました

これも神社などで違うのですが

人形(ひとがた)・鏡・剣・矛などだそうです。

確かに・・硬かった・・・・

では向きは?場所は?

これも色々な説がありますが、基本北向きで建物の中心となる所に埋設します。

大事なところだと思います。

皆さんの家にもきちんと埋まっていると思います。

では地鎮祭とは何をする?どういう内容なのか?土地の神とは?も気になりましたが

また次回にします。

なんのオチもない話ですが、少し中身が気になったんです。

佐藤

 



区切り線

上棟

2018年6月12日

こんばんは。

只今、建築中の真砂建売の2棟目の平屋の方が本日、上棟いたしました。

先月末に上棟したROMO建売と並んでますが、敷地の高低差があるので二棟並ぶと爽快感✨

ご立派です。

いつもの仕様より更に高気密、高断熱を尽くした最高の建物になります。

すごく目立つ場所なので通り掛かりでもかなり目を引く建物にです。

まだまだこれからなので足場で隠してありますので、全貌までは暫しお待ちを・・

って事で期待してください。

監理部 佐藤



区切り線





  • 0120918077
  • 0120779760