小倉直之 一覧

マンションリノベーション取材

2019年6月8日

こんにちは、リノベーション部門classicaL(クラシカル)の小倉です。
最近は、現場に行った際の街歩きが楽しいです。
その街にありその建物を知る。
デザインすると言うよりどう違和感が起きないか、
どう気持ちよくいられるかを考えます。
自ずとプランも流れるように決まっていき、
暮らしも馴染んでいきます。

先日、マンションリノベの三浦様邸を
新潟に住むライフスタイルを詳しく紹介してくれるサイト
「Daily Lives Niigata」のライター鈴木さんに取材してもらいました。

記事はここから↓
https://daily-lives-niigata.com/

取材を終えて、お施主様である三浦様がどんな思いで
ここで暮らしていく選択をしたのか、また大切にしていることなど
詳しくお伺いしました。
改めて三浦様から言葉で知ることができ、様々な思いの中この空間が
出来上がったことにじわじわと心を揺さぶられました。

出来上がったデザインをすることは重要では無く
共感して共有して、時に問題があって、それすら活かして、
そして住んでみて、これからの生活にいろいろな可能性を描ける住まい。
空間はその人そのもので人間みたいだなと
この取材を通して感じました。

三浦様、この度は取材のお時間を頂き大変ありがとうございました。
常に前向きに考えて頂き、いつもお心遣い頂き大変感謝しております。
この場を借りて御礼申し上げます。

鈴木さん、写真だけじゃ伝わらないニュアンスを文面にしてくれて
生きた記事を書いて頂き大変ありがとうございました。
新潟に豊かなライフスタイルが増えていくと良いですね。

それでは最後に取材時の様子をご覧ください。








マンション所在地:新潟市中央区 完工2019年1月 
設計/施工 モリタ装芸classicaL(クラシカル)



区切り線

戸建てリノベーション完成

2019年4月21日

こんにちは!
リノベーション課classicaL(クラシカル)の小倉です!

リノベーションも各地でどんどん進んでおります!
現在新発田市で改装中の築40年戸建てリノベーションの一期工事が
本日完了しました!

2世帯で暮らす空間を明るく快適に過ごすために一緒に
考えできた空間です。
年月の経過による建物の劣化もありましたが、補修と補強をして
住み続けていく優しくちょっと懐かしい空間が出来上がりました。

既存の柱・梁も活かし、元々腰壁に貼られていた無垢材を壁面に施し
再生しました。新しくないため、空間に馴染みます。

リノベーションは問題解決とアイディアで古くなった建物を
もう一度蘇らせる手法です。
ひょっとしたら自分の家もリノベーションできるかも!?なんて
思われた方がいらっしゃいましたらぜひお声掛けください。
モヤモヤがとれ、ハッピーな毎日のきっかけになるかもしれませんよ!

手の届く良質なリノベーションをご提案する
classicaL(クラシカル)のリノベーションをぜひ。

それではビフォーアフターをどうぞ。

ビフォー

アフター



区切り線

古民家リノベーション

2019年3月21日

こんにちは。

リノベーション課classicaL(クラシカル)の小倉です。

だんだん、暖かくなってきて春がそこまで来てますね。

最近「待つ」という行為に趣を感じます。

昨今、機械などハイテク化により間違いが許されなかったり、

効率化により時短が当たり前になってきており、

「待つ」行為が無駄と思われる様に感じる世の中になってきています。

花が咲くのを待つ。

本当に咲くのか、いつ咲くのか、そんな思いを馳せる時が

春を感じる瞬間だったりします。

そういった情緒を空間にも感じられるように

classicaL(クラシカル)では思いや情景に寄り添う

リノベーションを大切にしております。

いつも、classicaL(クラシカル)のリノベーションは

新しくしたのにどこか空気感が懐かしいと言われますが、

単純にレトロな仕様にするわけではなく、

懐かしい = 落ち着く

そんな物語のシークエンスが空間になるからだと感じます。

 

さて、この春、十日町で築80年の古民家リノベーションが着工します。

古民家だからレトロと言う観点ではなく、そこに暮らす家族の情景や日々の生活、思いが

落ち着く空間をつくりだし、懐かしいなって思えてもらえるような空間になります。

これからもずっとずっと大切に住み続けて頂けるお手伝いさせて頂きます。

写真は着工前の先週の様子です。



区切り線

リノベーションから店舗家具の設計も!

2019年1月18日

こんにちは!

リノベーション課classicaL(クラシカル)の小倉です!

 

最近、新潟市内外各地でリノベーションのご相談を多く頂いております。

リフォームとはまた違ったご提案で生まれる空間に興味を持たれる方が増えています。

二世帯リノベーション、古民家リノベーション、小屋・倉庫リノベーション、

マンションリノベーション、築浅住宅のリノベーション(以外ですよね!)などなど、、

リノベーションとは問題解決の一つの手法です。

モリタ装芸リノベーションclassicaL(クラシカル)ならではのご提案がございますので

ぜひご相談ください!

悩みや問題を解決しつつ計画するリノベーションは人生変わりますよ!

家庭環境(多世帯)、老朽化、法律的な問題、間取り、デザイン、暮らし方 などなど、、

リノベーションのプロとしてお答えし、ご提案致しますので悩んでいる方は試しに

お声掛けください!解決方法が見つかるはずです。毎日の暮らしは大切ですよ!

 

話は変わって先日、ピア万代の野菜屋さん「ピカリ産直市場お冨さん」様の

お米ゾーンの家具棚を設計施工して参りました!

重いものも陳列できる頑丈な仕様です!ぜひお立ち寄りの際は見てみてください!

新鮮なお野菜もたくさんありますよ~!

モリタ装芸は店舗の設計も得意です!

住宅設計・リノベーション・店舗設計のプロに

何でもご相談ください!

今年も宜しくお願い致します!



区切り線

古民家リノベーション

2018年12月9日

新潟も雪が降りましたね、寒いですね、

リノベーション課classicaLの小倉です!

昨日、現在進行中の十日町古民家リノベーションの

現地に行っておりました。

十日町ですが雪は降っていませんでした。

沿岸部の雪だったのですね。

これから徐々に雪降る日が増えていくのだと思います。

冬本番になりますね。

 

古民家リノベーションのこと。

 

建物の本質をどうとらえるか。

新しい暮らしとこれまでの暮らしがどう繋がっていくか。

夏冬、季節をどう過ごすか。

どんな日常があるか。

どんな思いのもと家を引き継いできたか。

 

特別なことはせず、日常を「楽」に過ごし、

建物に寄り添いながらイメージを共有していく。

これからも住み継いでいく日常。

楽しみですね。

写真は改装前です。



区切り線

猫とモロッコ

2018年11月18日

こんにちは、リノベーション課クラシカルの小倉です。

先日のリノベーションエキスポ2018in新潟 万代島商店街が

大かまで開催されましたがお蔭様で大盛況でした!

2日間で5000人!を超える来場がありました。

半年間、実行委員としてやらせて頂きましたが今回のイベントで

ほんの少しだけでも優良なリノベーションが新潟でも広がったのではと

感じております。誠にありがとうございました。

 

さて、新潟の各地でリノベーション工事が進んでおります。

最近は二世帯リノベやご実家リノベも増えてきています。

単純にみてくれを直すだけのリフォームではなく、価値を高めるリノベーションの

認知が進んできているのでしょう。

 

そんな中、マンションのリノベーションも盛り上がっています。

新潟市内にあるマンションのフルリノベーションが着工しております。

猫との暮らし、モロッコの情緒をコンセプトに打ち合わせをしてきましたが

「テイスト」では収まらず、やはり「どう暮らすか」、「どう感じるか」が

キーワードです。モロッコを横目で感じつつ「楽」に住む。

気ままな猫も寄ってきて丸くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

classicaLのリノベーションは物語があります。

大切な家族とどう暮らすか。どんな情景がそこにみえるか。

考えただけで笑顔になりますね。

完成をお楽しみに!

写真はビフォーです。



区切り線

リノベーションエキスポ2018新潟

2018年9月23日

こんにちは!

リノベーション課classicaLの小倉です。

早いもので9月も半ばですね!

各地でリノベーション工事が進んでおり、

現場に飛び回っております。

 

さて、この秋モリタ装芸は商店街もつくってしまう!?

「リノベーションエキスポ2018 万代島商店街in大かま」

の開催が決定しました!

各企業やお店屋さんとタッグを組んで万代島に新たな商店街を

つくってしまおう!をコンセプトにわきあいあいと

進んでおります。本当にみんな魅力的でいい人ばかりです。

とにかく楽しいイベントになります。

場所は水産物の荷捌施設をリノベーションし今年オープンしたばかりの

万代島多目的広場「大かま」。(朱鷺メッセの目の前です。)

詳細は随時更新していきますのでお楽しみに!

WEBサイトもチェックしてみてください!

http://renovation-niigata.jp/

新潟の優良なリノベーションをもっと盛り上げていきたい小倉でした。



区切り線

リフォームフェア2018秋!!

2018年8月27日

皆様、こんにちは!

リノベーション課の小倉です!

8月も終盤ですね。気付けばもう9月!

あっという間です。

さて、昨日一昨日は大盛り上がりの出来事がありました!

新潟市産業振興センターで開催されました

「日報住まいのリフォームフェア2018秋」に

ブース出展させて頂きました!

「モリタ装芸のリフォーム」と銘打ち

当社デザイナーの上野が手描きで仕上げたイラスト看板と共に

ブース内を彩り、会場を盛り上げて参りました。

2日間共に大変多くのご相談を頂き皆々様には

心より感謝しております!

社員が一丸となり、大盛況の内に幕を閉じましたが

改めて良いチームだなと実感しました。

モリタ装芸ではリフォーム・リノベーションのご相談が

最近増えております。

気になる方はぜひお問い合わせください。

プロが問題を解決し、快適な暮らしをご提案致します!



区切り線

マンションリノベーション

2018年6月15日

こんにちは!リノベーション部門classicaL(クラシカル)の小倉です!

6月も中旬になりました。リノベーションの現場も

新潟県内各地で7件進んでおります。

5月にお伝えしました中央区マンションフルリノベーションの

現場もだいぶかたちになってきています。

「廃墟に住みたい」とご要望頂き、現実的な生活と

躯体の無骨な表情、建築資材の飾らない表情を活かし、

荒々しさの中に品格も感じられる空間になってきました。

素材感を出しすぎず、持ちつ持たれつ良いバランスです。

ちなみに現在の写真、壁は仕上がりです。

さて、どんな空間になるのでしょう、見学会を開催予定ですので

お楽しみに!!

 

既存

スケルトン

現在



区切り線

新潟 リノベーション

2018年5月16日

皆様こんにちは!

リノベーション部門classicaL(クラシカル)の小倉です!

だいぶ暖かくなってきましたね!

今日は現在工事中のリノベーション工事で

7月に見学会を予定しているマンションリノベーション現場の

ご報告です!

中央区のマンションになりますが解体作業中です!

フルリノベーションを行い完成すると25畳を越える広い

ワンルームができます。

その空間はLDKというよりはむしろラウンジのような考え方です。

素材感にもこだわっておりますので、またしても皆様にclassicaLの

設計・デザインで静かな驚きと衝撃を体感して頂きたいと思っております。

ぜひお楽しみに!

ビフォー

解体中

さぁ、この空間がどんな変貌を遂げるか、、

また、ぜひ場合によっては賃貸より立地が良く、デザイン、品質と価格も経済的に

計画することも可能なマンションリノベのご相談もお待ちしております!

リノベーション可能な中古マンションからお探し致します。



区切り線





  • 0120918077
  • 0120779760