サーファーの家
SURFER’S HOUSE

ビルダーとお施主さまの感覚が近いからこそ実現した理想的な楽しい家づくり

ちょっと攻めたプランでも大丈夫だと思ったんです

設計・大福 インナーガレージにスキップフロア、断熱や換気システムなど見どころ満載の「サーファーの家」となりました。生活を楽しむ家、という感じですよね。
施主・金子さん(以下敬称略) そうですね。僕の趣味がサーフィンなので、それにふさわしい家をつくってもらいました。
大福 前はご実家にお住まいでしたよね?
金子  そうです。以前は実家で暮らしていたんですけど、両親と一緒で、さらに子どもも二人いてとなると、やっぱりスペースが足りなくて。サーフボードも部屋の中に置くしかないし、 そうすると生活空間を余計に圧迫しちゃって大変だったんですよ。
大福 窮屈に感じるようになっていたんですね。
金子 あとはやっぱり、両親と同居していたのもあって。当然お互いの気遣いもあるし、うちの親の自由もなくなってきてしまうので、迷惑がかかるかなと。それで、そろそろ自分たちの 家を持ちたい、実家から出たいという気持ちになっていったんですよ。
大福 それで家づくりがはじまったわけですが、ビルダー選びはけっこう時間がかかったんですか?
金子 5年くらいですかね。
大福 5年も!?
金子 実は「デジモ?」さんと出会う前に、いくつもハウスメーカーさんを回って、プランを出してもらっていたんです。でもどうもピンとこなくて…。そういうことがあってガッカリすると、一回家づくりは頓挫して。で、しばらくしてまた違うところに行って、それでまたピンとこなくて、みたいなことを、ずっと続けていたんですよ。

結局、家づくりって、楽しめまないとダメなんです

金子 最初に普通のプランが出てたら、逆にがっかりだったかもしれませんよ(笑)。
大福 ですよね(笑)。やっぱり家づくりって、ご家族の個性やスタイルを表現することがとても大事だと思うんです。お二人のスタイルが、なんていうかこう、雰囲気がいいじゃないですか。その感じの良さを表現 したくて。「どんな生活しているんだろう?」みたいに思わせるように、例えば一階にリビングがあると生活感が出過ぎてしまうから、二階にしよう、とか。
金子 そうだったんですか。プランはけ っこう何度も書き直してもらいましたよね。

一覧ページに戻る

  • 0120918077
  • 0120779760