住宅ローン控除とふるさと納税

こんにちは!

昨年お引渡しをしたお客様より、「確定申告をしたのですが、いつくらいに住宅ローン控除は適用になりますか」との質問をいただきました。

また、「住宅ローン控除が適用になると、ふるさと納税をすると損をしますか」との質問もいただきましたので、こちらで簡単にまとめたいと思います。

 

まずは住宅ローン控除に関してですが、新居に入居した翌年に確定申告が必要です。

原則、2月16日~3月15日までの1か月間が申請期間になりますが、遅れた場合も申請可能です。

住宅ローン控除は10年間、所得税と住民税の一部から控除を受けることができますが、サラリーマンや公務員の場合は、2年目からは、銀行から年末に来る住宅ローンの残高証明書を勤務先に提出すると、年末の源泉徴収の手続きで対応可能です。

 

住宅ローン控除は、

①所得税と住民税(上限13.65万円)の額

②控除額の上限40万円

③年末時点での住宅ローンの借入残高の1%

上記の①~③の一番低い額が控除額となります。

 

制度の詳しい内容は国土交通省のページで確認いただけます↓

https://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

 

所得税・住民税の額、住宅ローンの借入額は皆様異なりますので、具体的な金額はご自身の源泉徴収票などご確認ください。

現在、控除期間が本来の10年から13年に延びています。

(令和3年9月末までに請負契約を結び、令和4年12月末までに入居した場合)

 

次に、ふるさと納税に関してですが、結論から言いますと、住宅ローン控除とふるさと納税は併用可能です。

ふるさと納税は、本来、居住している市町村に住民税を支払いますが、その一部を、自分で選んだ市町村に支払い、支払った市町村から返礼品をもらうことができる制度です。

手数料が2000円かかり、翌年に支払うの住民税を先払いするようになりますが、返礼品がもらえるため、所得がある程度ある方はお得な制度です。

 

こちらのサイトで具体的な額のシミュレーションもできますので、気になる方は確認してみてください。

ふるさとチョイスHP

https://www.furusato-tax.jp/about