仲好し子良し

コンセプト

2階に水廻りを集約することで、ゆったりとした1階LDKを実現しました。
プライベート感のある書斎もLDKにつなげて、家族それぞれの居場所ができ、気配が感じられる空間となりました。

内観

キッチン腰壁をアクセントとして、空間の中心として位置づけました。
階段部に開口、書斎は腰壁とするなど、所どころに抜けを作り、気配のつながりを意識しました。
シンプルに統一し、作り込みすぎないことで、長く愛着を持って可変的に生活できる空間となっています。

ROMO 32坪
建設地  / 燕市
敷地面積 / 165㎡(約50坪)