土間ロマン
“DOMA” ROMAN

「無駄な空間が欲しい」というオーダーから、心のゆとりと空間のつながりが生まれた遊び心満載の家。

最高の遊び場。毎日遊んでいるみたいなもの

設計・石川 一番はじめに小林さんからのご要望をお聞きしたアンケートの中に、「よくわからない無駄な空間が欲しい」っていうのがあったんですよ。意味がわからない!ってそのときは思ったんですけど(笑)。
施主・小林さん(以下敬称略) なんか無駄なスペースが欲しかったんですよね。いろんな住宅を見に行くじゃないですか、でもどこもこじんまりしているというか、無駄が省かれてキチンとし過ぎていてピンとこなかったんですよ。
石川 実際にこうして、リビングでもなく廊下でもない、広い「無駄なスペース」が住空間の 中央にできて、使い勝手はどうですか?
小林 いやもう、最高というか(笑)。最初は「ここでラジコンして遊べる」とか「チョロQが遠くまでスィーッと行く」とか思うくらいだったんですよ。
石川  確かになかなかないですよね、ここまでの空間は(笑)。
小林 でも猫を飼いはじめてみて、無駄なスペースを作ってもらった甲斐があったな、と(笑)。
小林 奥さま 無邪気に駆け回っているもんね。
小林 はじめてこの家に猫が来たとき、ゲージから解き放ってやったときの走りっぷりね。こいつは絶対幸せな猫だな、って思いましたよ。
石川 そうですね。でも、一見無駄に見えますけど、完全な無駄ではないんですよ。和室とキッチンと階段と土間と庭の動線が十字で交差するところにスペースを作れば、それが一番機能的なんじゃないかと考えてこの間取りを考えたんです。
小林 なるほど、そうなんですね。
石川 この「無駄なスペース」には、それぞれの住空間をつなぐ場所、という役割を与えています。それが心のゆとりにもつながりますからね。
現場監理・原田 最初は中古物件を買おうと考えていらしたんですよね?
小林 以前はアパートを転々として、家は欲しいと思っていたんですけど、計画的に貯金ができるほど自分は気長な性格でもないしな…ということで、中古の安い家を買って時間かけて直しながら暮らそうと。でも男はボロ家でいいと考えても、いかんせん女性はそれを見て首を縦には振らないですよね(笑)。
小林奥さま そういうところはやっぱり、怖かったりするから。
小林 こんなボロ家を買うために借金をする気かお前は、っていうことになって。でも中古の家を見ているうちに、家を建てるなら新築で…みたいにだんだんと欲が出てきちゃったんだよね。
原田 一度、見学会にお越しいただいたんですよね。 小林奥さま 見学会で見たお家がけっこう気に入ったんですよ。でもお金が心配だって言ったら、ファイナンシャルプランナーの方を紹介してくださるっておっしゃって。それで、一度会社にお邪魔していろいろお話しさせてもらったんですよね。
小林  そうそう。「こんな感じがいいんだけれど」という話をしたら、石川さんがピタッとくる図面を出してくれて、ものすごいテンションが上がって(笑)。その後に土地が決まって、いよいよ本格的に家づくりがはじまった、って感じでしたね。
小林奥さま  土地を決めるのにもけっこう条件があったよね。車やバイクをいじったりするのに音を立てるから、民家が密集していないところがいい、とか。
石川 そうでしたね。でも小林さんの条件や要望は、端的でわかりやすかったですよ。「無駄なスペース」の他に必要なものとして挙げていただいたのは、「ガレージ」「和室」「カウンター」でした。
小林奥さま  図面の後で、石川さんにスケッチを描いてもらったんですよ。あれがよかったよね。
小林 うん、あれはきたね。まじかー!って思った。

土間がいいって思いついたら、夜も眠れないくらいドキドキした

石川 最初のプランではまだ土間はなかったんですよね。途中から小林さんの要望で出てきて。
小林 そうそう。無駄なスペースが欲しいって自分で言っておきながら、でもこれ本当に無駄だなあ…という気持ちもどこかにあって(笑)。それで考えていたら土間とかいいなって思いついて。思いついたら夜も眠れないくらいドキドキしてきちゃって(笑)。
石川 ペレットストーブもそれからでしたね。
小林 土間ならやっぱりペレットストーブだろ、みたいな気持ちですね。どんどん調子に乗っていっちゃったんですよ。ペレットストーブって高いよね? でも置いたらやっぱかっこいいじゃん、って。
石川 打ち合せをしていたらどんどんテンション上がっていきましたもんね(笑)。
小林奥さま 私はキッチンにこだわりましたね。チェッカーガラスが可愛いとか。
石川 今はキッチンのカウンターと畳のリビングと、ごはんはどちらで食べられることが多いですか?
小林 うーん、半々くらいかな?
小林奥さま  朝はカウンターでサクッと食べて、夜はリビングだったり。
石川  設計段階での打ち合せはすごくスムーズだったけれど、現場は大変だった?
原田  いや大変というよりは…、無駄なスペースが重要だって言われていたんで、「無駄なスペースってどこだ?」って感じでやっていました(笑)。
石川 でも階段の上の巨大なガラスは大変だったでしょ? あれ、最大寸法なんですよ。花火見たんですよね。あれは最高でしたね。
小林奥さま でも私たち、けっこう無理にあれがしたいこれがしたいって、いろいろ注文しちゃいましたよね。
小林  予算少ないのにね(笑)。
小林奥さま この予算でこれできますか?って。
小林 口ばっかり出してたね。
石川 いや、「デジモ?」のコンセプトはそういうところですから。
小林奥さま でも本当に何を言っても否定しないんですよ、石川さんは。どんな要望を出しても「いいですね、面白いですね」って言ってくれるから。
原田 現場はすごく面白かったですよ。ガーレジの造作とかも。普通は石膏ボードとかで仕上げてきれいにするんですけど、印字がそのまま残っているような状態でもいいって言われてかなり戸惑いました。
石川 でもあれは裸のままにして正解でしたね。ガレージの雰囲気がちゃんと小林さんのカラーになっていますよ。
小林 おかげさまで、最高の遊び場ができましたよ(笑)。ほんと、毎日遊んでいるみたいなもんだもんなあ。

一覧ページに戻る

  • 0120918077
  • 0120779760