住宅ローン減税

夏も終わりに近づいていますが、暑い日が続いています…

今年は残暑が長引き、寒さが急に来るそうなので、秋の期間は短いそうです。

ただ、気温が急に下がると、紅葉はきれいに色づくそうなので、それはそれで楽しみです。

 

さて、コロナウイルスの影響で、住宅に係る制度に関して、期限が延長になっておるものが多く見受けられます。

その中で、来月末までに期限が延長になった、住宅ローン減税のお知らせです。

 

(住宅ローン減税とは)

住宅ローンを利用して住宅を取得した方は、毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税と住民税から控除する制度です。

こちらの控除期間が現在、一時的に13年間に拡充しています。

詳しくは国土交通省の専用ページで確認ください。↓↓

http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/#article2

本来であれば、13年間控除を受けられるのは終了している予定でしたが、コロナウイルスの影響を受け、注文住宅の計画を予定通りに進められなかった方は、令和2年9月30日までに請負契約を結び、令和3年12月31日までに新居への入居が済めば、しっかり13年間控除を受けることが可能です。

※国土交通省HPより抜粋

 

住宅ローンを借りてマイホームを建築する方がほとんどですので、こちらの控除期間3年拡充の恩恵は、かなりの方が受けることができます。

住宅ローンの借入額や期間、借入する方の年収等で控除される額は変わりますが、大きく節税することができますので、コロナウイルスの影響で計画を躊躇していた方、打ち合わせがストップしてた方、特に、ここ1年以内に住宅を検討されている方は、浮いたお金を趣味や家族での旅行、好きな家具や家電に回すことができますので、ぜひこの機会に、計画を進めてみてはいかがでしょうか。

 

住宅に関するご相談はオンラインでも承っております。

建物に関することはもちろん、土地や借入など、何でもご相談可能ですので、一度お気軽にご相談ください。

【仙台店】【予約制】お家づくりに関わるオンライン相談会開催

 

仙台店のイベント情報はこちらでチェック↓↓