モリタ装芸スタッフの家《35坪の限界突破!? 7人家族が暮らすお家》

日程:1/22(土)〜3/6(日)
場所:見附市今町5丁目

※ただ今内装施工中ですので、画像はしばらくお待ちください。

モリタ装芸スタッフのおうちです。

ご家族事情を抱えたストーリーがあり、そのストーリーをぜひ最後まで読んでいただきたい実例のお家です。

お家づくり計画を始めた時点では5人家族で、建坪35坪で進行していましたが、計画が固まる直前にお子さんがもう2人増えることになりました。

一般的には家族1人あたり8坪がお家づくりの目安と想定されている中、建坪35坪の変更がもうできない時点になっていたために、これから新居を建てるのに、狭いお家をつくらざるを得ない状況になってしまいました。

(※4-5人家族想定のお家=建坪32-40坪・※7人家族想定のお家=建坪40-56坪 ※一般的目安と言われています。)

事情を鑑み、7人家族ができるだけ家事を時短低減し快適に暮らしていけるよう、モリタ装芸設計、プラン再編の挑戦が始まりました。

まずは、食糧の買い出し、生活ゴミもでる、子供も育つ毎日、その量と手間が毎日年々と増えていく中、調理中でも子供に目が届くことを鑑みたのと、玄関から色々出し入れが楽になるよう玄関入ってすぐリビングダイニングを見渡せるキッチンとし、帰宅後すぐ手洗いができるよう、通行動線とは別に、手に持てるものは手渡しで、持てるその窓とも受け渡しできる2つの動線を設け、玄関に直結させた造作洗面台とキッチンを一体化させた事例としてなかなか見れないスペースをつくりました。

逆にキッチンを見渡せるリビング側には造作のソファ。調理中でも、ソファでくつろいでいても相互にご家族を見守れるようにみなが集うダイニングをまたぎ対面に配しました。またロールスクリーンでリビングを2分割できるようにしました。

もう一方玄関直結の水回りでは、毎日大量の洗濯物と格闘していく生活が今も今後も待ち構えています。そこで、水回りからトンネルを背面リビング片側に造り、洗った洗濯物をカゴごとリビング側にスライドして移動できるようしました。

トンネルのあるリビング片側には、高さのある収納棚と2階と直結する、一般的にはランドリーシュートと言われていて、たまに見かける住宅設備なのですが、人力ランドリーエレベータと言いたくなるモノを造作。そのランドリーシュートには井戸のように滑車とロープをつけて1F⇔2Fとカゴごと洗濯物を上下に移動できるようにしました。

2Fに上がるとスッキリと納めた4帖分の物干し兼ねたフリースペース。ここにランドリーシュートがあり、ここからまたスッキリと納めた廊下1本でつながる4部屋から毎日でる洗濯物をここから1Fに落とし、逆に洗濯された衣類をカゴごと引き上げて干して各部屋に戻す動線、1F側ではトンネルのあるリビング⇔水回りへと双方向に洗濯物を移動できるよう工夫。毎日の家事量の低減と時短を実現しました。

リビングのトンネルと、ランドリーシュートの滑車とロープは、しばらく子供たちのいい遊び場でもあり、将来、普段お父さんお母さんがしてくれている家事をお手伝いしながら自然と教育の場にもなっていくことでしょう。

主寝室には3帖のWICを最後のバッファと確保(笑)。間接照明をベッドサイド天井に渡し、「寝る時ぐらいくつろいだ雰囲気で寝たい」といった本人の要望を実現しました(笑)

大家族な今後の暮らしを予想し、その暮らしに合わせ、狭くても工夫し、できるだけご家族の暮らしを快適にしつつ、モリタ装芸得意のデザインを調和させたお家。という実例となります。

家族人数が多く、今後お家をご計画される方には、1つのケーススタディ、ソリューションです。ご見学してみてはいかがでしょうか。

※下のgooglemap左上の「ルート」をタップすると、モリタ装芸スタッフのお家「35坪の限界突破!! 7人家族が暮らすお家」完成見学会 までの経路が案内されます。ぜひご利用ください。

見学・ご相談・ご予約はこちら

見学会イメージ画像

Webからご予約いただいた方に
QUOカード1,000円分プレゼント!

※初めての方限定、1家族1回のみになります。
※他のプレゼントキャンペーンとの併用はできません。

     

    会場名 モリタ装芸スタッフの家《35坪の限界突破!? 7人家族が暮らすお家》
    来場希望日 ※当日予約ではご案内が難しい場合がございます。事前のご予約をお願い致します。
    お名前
    ふりがな
    年齢
    郵便番号
    ご住所
    電話番号
    ご参加人数
    メールアドレス
    当サイトをどこで
    お知りになりましたか?
    (複数回答可)
    ”知人からの紹介”を選択された方へ、知人の方の氏名をお聞かせください。
    お問い合わせ内容