再構築する空間づくり

classicaL(クラシカル)は、モリタ装芸が手掛ける戸建て住宅・マンションのリノベーションブランドです。
ただ古くなった空間を刷新するのではなく、その建物が持つ記憶や歴史を丁寧に読み取り、
それを活かし次世代につなぐようなリノベーションを行います。
新築の代わりにリノベーションが選ばれるのではなく、新築では得られない価値をリノベーションで得られると私たちは考えています。
また、ただ格好いいデザインを目指すのではなく、
理想とするライフスタイルや暮らしを一緒に考えながらご提案致します。

対応エリア:新潟(下越・中越)

「楽」に暮らすご提案

「楽」に暮らすご提案

永く愛着を持って暮らしていくためには、「楽」に暮らしていけることが大切です。その為には耐震・断熱・間取り・メンテナンス・資金・法規・相続・デザインなど考えることがたくさんあります。問題点、ご不安なところを一度全て露わにし、どうしたら納得できる解決に近づけるかをとことん話し合います。そうすることで、優先順位が定まりやることが明確になります。その結果、ご不安が無くなり、我が家のリノベーションに集中して向き合うことができます。リノベーションの経験豊富なclassicaL(クラシカル)ならではのご提案です。

目指すは<br />
「ちょっとわくわくする<br />
普通な日常」

目指すは
「ちょっとわくわくする
普通な日常」

classicaL(クラシカル)でリノベーションされた多くの方はご自宅が好きになります。旅行が趣味だったご家族が、家の方が楽しいと出掛けることが減った、なんて声も聞いたりします。中には人生が180°変わったという方も。働いたり、育児をしたり、畑仕事したりと忙しい毎日で、帰宅して玄関の扉を開けた瞬間「そうだ、この家があるんだ」と思えるリノベーションができたらどうでしょう。そんなちょっとしたわくわくが、日常に活力を与えてくれるきっかけであると嬉しいです。

「なつかしい」は「安心」

「なつかしい」は「安心」

モノがあふれる時代だからこそ、残すべき大切なものを見失いがちです。
価値あるものが見えにくく、知らずに捨ててしまうこともあるかもしれません。
建築当時から脈々と続く、その地その建物の空気を感じつつ、「今」の日常生活の情景を思い浮かべる。決して無理せず、新しくもどこか懐かしく。馴染みがあると人はホッとして落ち着きます。そんな柔らかな空気の中、過ごすひと時を大切にするのがclassicaL(クラシカル)のリノベーションです。

手の届く良質なリノベーション

手の届く良質なリノベーション

classicaL(クラシカル)のリノベーションは、資金計画をしっかり立て、無理のない範囲で快適なリノベーションをご提案致します。また、classicaL(クラシカル)では普通のリノベーションとは一線を画す、一歩先行く「優良リノベーション」をご提案しております。
リフォーム
現状回復のための修繕営繕不具合箇所への部分的な対処
リノベーション
機能、価値の再生のための改修。
その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修
優良リノベーション
「検査」→「工事」→「報告(開示)」→「保証」→「住宅履歴」の「統一規格」に則り、品質基準に適合したリノベーション。
見えないところにも目の届く優良リノベーションを実施しているため、建物を長い目でみた時のメンテナンスもしっかり考えたご提案を致します。

戸建てフルリノベーションの<br />
耐震・劣化状況調査を<br />
全棟実施

戸建てフルリノベーションの
耐震・劣化状況調査を
全棟実施

既存住宅の状況を調査し理解することが、永く快適に暮らすリノベーションには必須となります。classicaL(クラシカル)では、従来の上辺だけきれいに繕うリフォームではなく、医者が問診し、カルテをつくり、様々な方法を検証し、より良くするための手術をするような工事を心掛けております。戸建てフルリノベーションでは、耐震・劣化状況のインスペクションは全棟実施致し、問題があれば改善する工事を致します。マンションリノベーションにおいては、自社で定めたチェックを行い、先々の問題が起こるリスクを最小限に抑えられるご提案を致します。

classicaL(クラシカル)とは

classicaL(クラシカル)とは

classicaL(クラシカル)というブランド名の意味は、読んで字のごとく
Classical = 「古典の。古典的な。伝統的な。」
といった意味の他に
Classica + L = くらしか える 「暮らしを変える」
という意味もあります。古き良きを大切にしつつ、現代の暮らしに合わせたご提案をすること。これがclassicaL(クラシカル)のリノベーションのブランドコンセプトです。